HTS通信

new_b_e.gif 『新ホームページ開設!!』
より分かりやすく生まれ変わった、株式会社HTSの新ホームページを是非ご活用下さい。料金シミュレーター設置等、よりお客様のニーズにあったサービスが探しやすくなりました。感想など是非お聞かせ下さい!

 (制作:株式会社創像力学研究所
 
new_b_e.gif 『新規開業スタートダッシュ応援パック』受付開始

算定基礎届

算定基礎届|記帳代行・経理代行・会社設立なら名古屋/名古屋市のHTS

 

【 算定基礎届 】

算定基礎届とは、被保険者が実際に受ける報酬と、すでに決定されている「標準報酬月額」との間に大きな差が生じないように毎年1回、被保険者全員の報酬月額を実態にあった「標準報酬月額」へ見直しをします。これを「定時決定」といい、提出する届書が「算定基礎届」です。
また「標準報酬月額」は健康保険・厚生年金保険の保険料計算をはじめ、健康保険の保険給付金や厚生年金保険の年金額の基礎となります。

 

【 算定基礎届の対象者 】

対象者は5月31日までに被保険者となった人で、毎年7月1日現在、被保険者である人全員。

※6月1日以降に被保険者となった人については、算定基礎届の対象となりません。

<注意が必要な人>

パート、アルバイトについては次の@〜Bの要件を全部満たした場合のみ、社会保険に加入します。この要件を満たす対象者だけ、算定基礎届を提出。

 @1日の所定労働時間数が、正社員の4分の3以上であること!

 A1週間の所定労働時間数が、正社員の4分の3以上であること!

 B雇用期間が2ヶ月を超えていること!

 

【 算定基礎届(定時決定)の流れ 】

算定基礎届は、毎年7月10日までに、所轄社会保険事務所に提出します。

 

 4・5・6月(算定基礎月)

 3か月の平均の報酬額を算出

 ↓
 7月10日まで:算定基礎届(定時決定)の提出
 
 10月:新しい標準報酬月額の社会保険料を給与から控除

 

→ 算定基礎届 記載例(社会保険庁)